picnic
 “ width=”1” height=”15
ピクニック

大型連休の日曜日、新緑が眩しくて家に居るのがバカバカしくなるようないい天気だ。
弁当を作って、遠足ならぬ歩いて5分の遺跡公園に近足に行った。
広いグリーンの一角に陣取って弁当を広げ、小学校時代の遠足弁当を思い出しながら、ノンビリとかみさんの手作り弁当を食る。
寝転んで空を見上げると、遙か高みをジェット機が音も無く通り過ぎる。目を凝らして辺りを見回すと、小さな豆科の雑草が、指先にも満たないような超ミニ・サヤエンドウ的実を付けているし、アリンコサイズの小さな花たちが、色とりどりの春を開いている。
弁当を入れたバスケットを残して、しばらくは辺りの緑や花々を観察し、山々の新緑を楽しんだのだった。
これが、ノンビリとした大型連休なのだ。

next - 「ティッシュ花」